リウマチの治療方法

 

 

リウマチは通常の関節炎とは異なり、免疫系の働きの異常により起こります。このため治療法も関節炎とは異なります。今回は、リウマチの治療法についてご紹介します。

 

薬物治療

 

リウマチは未だはっきりとした原因が判明していない病気で、以前は炎症や痛みを抑制する対症療法や患部を摘出する手術が主流でした。現在では痛みや炎症を抑制する対症療法は行われていますが、同時に免疫系の働きに直接作用し症状の進行を抑制する飲み薬やより効果の高い注射薬が開発され、一般的に使用されるようになりました。リウマチの治療は薬物治療が主ですが、昔に比べ高い効果が期待出来る薬となっています。

 

現在の薬物治療で主に使用される薬剤は、炎症や痛みを抑制するステロイド剤、免疫に働きかける抗リウマチ薬、骨の破壊と炎症を抑制する生物学的製剤です。患者の体質や症状の進行具合により、処方される薬が異なってきます。薬を使う場合は用法用量を守り正しく使うようにしましょう。

 

リハビリテーション

 

薬物治療と同時に行われるのがリハビリです。リウマチの関節炎は、痛みが治まるまで無理に動かさず安静が推奨されます。しかし関節しばらくく動かさないままにしておくと、可動域が狭くなり思うように体が動かせなくなってしまいます。これを防ぐのがリハビリです。関節炎で狭くなってしまった可動域を広げながら体を動かすことで、血行を促進し痛みなどの症状を抑制します。リハビリは医師の指導の元で行われます。無理に動かしたり自己流でリハビリをするのではなく、正しい方法でリハビリを受けるようにしましょう。